山手の生き物たち(2)
狸の【タヌウ】

2004年2月29日午後8時半撮影

この小さい狸が庭園内の餌場に出て来てS井と遭遇したのは今夜で3度目だ。
よほど空腹だったとみえ、しばらく猫たちの夕食を見守っていたらしいが、
我慢できずに出てきてS井のすぐ目の前でカリカリを食べ、ひっそりと立ち去った。

木立の奥に潜んでいる狸をポオが見つめている
右下にポオの頭。その前方に狸
段々と餌場に近寄って来る
身体も小さくみすぼらしい
 
皮膚病に罹っているらしく毛が薄い
フラッシュにも臆することなく近寄ってきた
 
S井の1メートルくらい前でカリカリを食べ始める
痩せているせいかコリー犬のように細い顔をしている
新聞紙の大きさからも分かるようにこの狸は小さく相当みすぼらしい
すぐ前にはワカメがいて、その後、そちらの新聞紙の上のカリカリを食べようとすると
ワカメに唸られてしまい、スゴスゴと姿を消した。猫より少し大きいくらい。

【メニューページ】