「山手ネコロジー」・会合議事録

第5回「山手ネコロジー」会合議事録


2003.1.11(土)10:00〜  於:☆☆学院内、J先生の教室
出席者(4名):J先生、M本、M浦、S井
は議題、はその結果
 
学院内外のパトロール
  1月18日、19日、学院がセンター試験会場になることに伴い、他校生からの山手猫と
  猫ハウスへの被害を未然に防ぐため、休憩・終了時間に、ローテーションを組んで
  「山手スカイライン」  から見張る。

 1月18日:11:20〜14:40
         J先生は学院内から、M本、M浦は「山手スカイライン」から。

   1月19日:11:20〜14:40
         J先生は学院内から、M本、M浦、S井は「山手スカイライン」から。
 
2002年の総括  
  「山手ネコロジー」結成の目標はほぼ全面的に達成された。(活動報告書を参照)
 特に、「山手ネコロジー」メンバーや支援者の里子になれた子が相次いだことが
  何よりも嬉しい成果であった。
 
2003年の方針
  ・現在の良き状態の維持
  ・引き続き、学院教職員、近隣の理解を得るよう務める
 猫たちの健康状態に常に留意した結果、今冬の猫たちは丸々太り、風邪を引くなど体調を
   崩している猫はおらず、良好な状態を保っている。
 
メンバーからの報告、提案など
  暮からの、プリンスの失踪と年明けすぐのタニーの失踪がM浦さんから報告されていた。
 プリンスは1月10日夜、Lマンション4号棟付近で、元気な姿が確認された。
   タニーについては引き続き捜索中。

  1月21日(火)、区役所保健衛生課主催で獣医師による講演会「ねこのはなし」が
  開催される。M浦とS井が申し込んだ。

【第4回会合議事録】  【メニューページ】  【第6回会合議事録】