ピーチと花子&チャト@Pハイツ(5)

2006年5月06日午後9時

5号棟で待っていた花子とピーチを連れてプレイロットのベンチまで行く。いつものように
2匹に缶詰を与え、1号棟ミニプレイロットへ行ってみた。昨日はここで待っていたチャトがいない。
缶詰だけを置いておく。山手の帰りに寄ってみると缶詰は手付かずだ。

5号棟プレイロットへ行くと花子もピーチもおらず缶詰はきれいになくなっている。
もしやチャトが来たのでは?花子は4号棟芝生から降りてきて恐る恐るプレイロットに入る。
ベンチ下でカリカリを与えているとピーチもやって来た。2匹が食べている間、ふと見ると
チャトが来ている!アララ、チャトの餌は1号棟ミニプレイロットだ。

チャトを何とか1号棟ミニプレイロットまで誘導できないものかと、チャトに構っていると
ヤキモチを妬いたピーチと花子が従いて来る。チャトもやって来たが花子を追って小学校の石垣へ。
道路を挟んでピーチと花子が私の傍から離れない。チャトは花子に興味があり、1号棟ミニプレイロットへは
来ないつもりのようだ。仕方なく1号棟ミニプレイロットの缶詰を回収に行く。

戻ってくるとチャトは5号棟階段上にいた。ピーチもいて増々立腹している。
5号棟プレイロットにピーチと一緒に入るとしばらくしてチャトもやって来た。
そこでやっとチャトに缶詰を与えることができた。花子はとっくに姿を消している。

小学校の石垣の上に陣取るチャト
 
道路を挟んだ向い側は5号棟芝生側。砂地では花子がコロコロしている。
仲良しのピーチと花子はチャトの動向を窺っている。
 
ピーチはその場を立ち去る構え。
ひとり残された花子
 
 
 
1号棟ミニプレイロットへ行き、缶詰を回収してきた。
薄暗いが、画面真ん中左寄りにいるのがチャト。缶詰を食べている。
暗い中でズームすると目だけが光る。

【ピーチと花子@Pハイツ(4)】   【メニューページ】
【追悼チャト】へ