追悼 【S内ノンちゃん】

2007年3月27日(火)早朝没。享年5歳

ノンちゃんの飼い主、S内さんから悲しいお知らせが届いた。

いろいろご心配おかけしました。
火曜日朝6時半、わたしが起きた時にはすでに亡くなっていました。
前日にはもうミルクもペースト状のフードも受け付けませんでしたので、
のんちゃんとの別れが近いとは覚悟していました。
フラフラでやっと歩いている状態でそれでも最後までトイレにきちんといきました。
2月に入ってからは声も出せなくなって、あの可愛い声を聞くことも
ないままでした。
ガリガリに痩せた体は2キロを切り痛々しく、それでもなんとか命をここまで繋いできました。
ポチたま霊園で火葬してもらい、今コロちゃんと仲良く並んでいます。
コロちゃんは予期せぬ突然の死でしたし、ノンちゃんは経過を見守り続けた結果の死でした。
今は悲しみで一杯です。≫

ノンちゃんは外猫生活をしているうちに、運悪く白血病に罹患してしまったらしい。
それが分かってからのS内家では、ノンちゃんの看病に全力を注いだ。
2年足らずの家猫生活だったが、ノンちゃんはS内パパ、ママにこよなく可愛がられた。
とても感謝して逝ったと思う。コロちゃんも天国で待っているからね。寂しくないよ。

これは2006年12月22日、偶然に出会ったS井が撮った写真。
この時点では可愛く鳴いて以前の「ノンちゃん」そのものだった。

【メニューページ】へ   「ノン写真館(1)】