「山手ネコロジー」に現れた新顔(2)クロ

2004年4月27日午後9時

猛烈な春の嵐に見舞われたこの日、雨は上がったが風はまだまだ強い。
そんな今夜、庭園内餌場にまたまたこれまで見かけたことのない黒猫
が現れた。
割と人馴れしているので近隣の外飼いの猫か?
庭園内に餌場を移してから、狸は来るわ、新顔は多数通過するわでもう驚かなくなった。

植え込みで待機していたがカリカリの山を作るとすぐに出て来た。ゲンキが興味津々。
被毛が濡れているのでこんな感じに写っている。
尻尾は先が丸まってぼってりしている。丁度、花子の尻尾のようだ。
おや?誰か来たのかな?
栄養状態も良く、可愛い顔をしている
たまたま濡れているだけで毛艶も良い
北門外の公園の「ジジ」かと思ったが、こんなところに来るはずもなく、尻尾の形状も違う。
Pハイツ2号棟、S木家の外飼い猫「黒ヤカン」か?
 

2005年3月7日午後8時過ぎ

ピーチと一緒に山手に向っていると小桃の駐車場上の石垣から隣の駐車場へと
隠れる黒猫を発見!車の後ろにじっとしてピーチとにらみ合っている。
駐車場中ほどに移動したのを追いかけてカリカリを与える。

餌容器を振るとニャーと可愛い声で鳴く。車の左下に置いたカリカリを
食べていたのだが、ストロボに驚いたのか、立ち去ろうとする。
辛うじてその姿を撮影した。肉眼では顔も姿もはっきり見た。
可愛い顔をしていて、丸々と太り、尻尾は短く丸まっていた。

多分、去年の春、山手の庭園や北門側に出没していた黒猫だろう。
庭園からも北門からも先住猫たちに追い払われ、若竹山手でその姿を
目撃されていたのだがいつしかいなくなった。


1年近く経った今日、丸々と太り、人馴れした態度を見せているということは
外飼いにでもせよ、ちゃんと可愛がられているに違いない。空腹でもなさそうだ。
帰りに見るとカリカリはそのままだったので片付けた。

↓1号棟前の駐車場で。手前は歩道。

【メニューページ】