庭園に現れた新猫【ポンド】(1号'08)

2008年10月17日(金)午後8時半

庭園餌場でいつも通り、ワカメ、コロン、ゲンキに給餌していると、猫たちが通路の奥、
「猫庭園池」の方を盛んに凝視する。すると1匹の大きな黒白猫が現れた。
食べていたコロンはびっくりして逃げてしまった。
白黒猫はすぐに見えなくなったのだが、しばらくしてまた現れて狸の餌場で待機。
胸の辺りは白いのだが、顔は殆ど黒だ。パンダかなあ?

その猫はまたこちら側に近寄って来ようとする。
ミニハウスの横、給水場への飛び石の上にちんまりと乗っかっている。
ズームしてもとても遠いのだが、パンダかどうかチェックするために写真を撮った。

ワカメが黒白猫の前に行き、威嚇し始めた。
その猫は恐れをなして一目散に「猫庭園池」の方へ走り去った。
その走り方はずい分機敏だったから19歳のパンダだとは思えないが、もしY野家に
何か事情があってパンダが餌を求めて外へ出て来たのだとすれば放っておけない。
缶詰とカリカリを入れたトレイを持って踊り場の方へ探しに行ってみたがもうどこにも見当たらなかった。

で、写真を明るく加工してみると、どうもパンダとは細部の模様が違う。
口の周りも模様が左右対称だ。それに何となくオス猫のような感じがした。
おまけに首には鈴のようなものをぶら下げているではないか。
(パンダももしかしたらY野家内で飼われるようになってからは鈴付き首輪をしているかもしれないが。)
多分、この猫は散歩中の飼い猫であるか、或いは踊り場辺りに捨てられた元飼い猫なのかもしれない。
山手猫たちが縄張りを死守するから、ここに居つくことはできないのに・・・

首に鈴のようなものが下がっている。
鼻と口の周りが左右対称になっているのでパンダとは違うし、胸の模様も少し違う。

【メニューページ】   【ポンド(2)】