「山手ネコロジー」M本氏便り(1)

数年来、雨の日も風の日も欠かさず「山手猫階段」と「プリンス猫階段」の猫たちに
餌やりを続けて来られた、我が「山手ネコロジー」の主力メンバー、M本ご夫妻より
趣向を凝らした楽しい報告が届きました。

(オリジナル原稿の雰囲気を出来るだけ損なわぬよう留意しweb用に再構築しています。)

【メニュー】へ   【M本氏便り(2)】へ

2002年6月12日

やんちゃな元気には参った!

昨日目撃したのですが、いつも小桃が遊んでいる駐車場で、餌をたべられないよう
意地悪をしたり又、下の畑ではラッキーUを追っ駆け回し、高い木の枝先まで逃げた
ラッキーUを追い詰めて木によじ登ったまでは良いのだが、余りにも高いので怖気づき
降りる事も出来ず、そのコッケイさには思わず噴出してしまいました。



夜の出来事ですので、昼間の写真にゲンキとラッキーUの写真を合わせたその時の情景です。