ワカメの葬儀再び

2011年11月28日(月)午後4時〜   戸塚区小雀町のポチたま霊園にて

今朝10時前、J先生から悲痛な知らせが飛び込んできた。
今朝8時台に登校してきた部員が胸騒ぎがしたのか庭園に直行したところ
ワカメの墓が暴かれ遺体が「東側猫庭園」に無造作に置かれているのを発見!
一体誰がこんなむごい罰当たりなことを!?
このことは直ちにねころ部部長に伝えられ一緒に駆けつけたJ先生によってひとまずハウス内に安置された。

3日経過していてもワカメの遺体は傷みもなく泥だらけにもなっていなかったのが不幸中の幸いだった。
只、犯人はワカメの首の後ろを掴んで引っ張り出したらしく首の後ろの毛がごっそり抜けて墓所に落ちていた。
それを見て更に残虐非道な犯人に対する怒り憎しみが煮えたぎる。

犯人探しに着手する一方、再び土葬することは危険なので、なじみのポチたま霊園で火葬することにした。
ねころ部部長以下5人の部員が集まり、J先生、S井とともに心を込めて改めてワカメを見送った。
ワカメのお骨はS井が大切に預かり菩提を弔うことになった。ワカメ、今度こそ安心してね。

火葬を前に参列者がお花とお線香を手向け心からワカメの冥福を祈る。。
口元にはフード。
ワカメよ、今度こそ安らかに。
ポチたまで保護されている12匹の猫たちのうち、この三毛ちゃんがワカメを見送ってくれる。
ここの保護猫たちは丸々して幸せそうな子ばかり。
 
S井の寝室(猫たちの仏間)に収まったワカメのお骨箱。
参列した部員たち5名が選んだワカメにふさわしいきれいなピンクのカバー。

【ワカメ】【追悼・ワカメ(2)】【メニューページ】【故ワカメへのX'masプレゼント】