桂台南の迷子猫逝去

この迷子猫ちゃんは発作があり、そのせいで大切にされていたお家から
迷い出て帰れなくなっていたようです。

今朝(11月13日)、もも動物クリニックで悲しいお知らせを聞きました。

11月10日、発作が元でこの猫ちゃんはクリニックで亡くなりました。
その後、飼い主さんが「尋ね猫ポスター」を持ってクリニックを訪れ、悲報に接したそうです。
悲しいですが、心ある方に保護され、クリニックの先生やスタッフに
温かく見守られながら逝けたのがせめてもの慰めです。合掌。

★保護された日付:11月8日
★保護された場所:横浜市栄区桂台南
★性別:メス
★特徴:目立つ鈴をつけています

迷子になっているところ近所の方が保護し、もも動物クリニックに預けました。
院長先生や看護婦さんたちに大事にされていますが、どことなく寂しそうです。
飼い主さん、お早目にお迎えに行ってあげてください。
*飼い主さんに心あたりのある方は直接病院に連絡してあげてください。
*些細なことでも構いません。ご連絡をお待ちしております。

もも動物クリニック
横浜市栄区桂台南1−9−1−105 グランボア1階
電話 045−893−1411

 
 
和風の凝った首輪をしていました。

【メニューページ】