磯子区猫の飼育ガイドライン推進協議会会員
「猫の会」主催の里親会に参加

2006年7月9日午前10時半〜午後2時

保護猫サチとグレーの里親探しは難航している。そこでものは試しと、
地域猫推進運動の先端を行く磯子区の、「ねこの会」主催の里親会に参加してみた。
この日は曇天で暑くも寒くもなく、周囲の環境は感じが良く猫たちも落ち着いていた。

春に生まれた仔猫たちが大勢参加し、いつにない展示猫ラッシュとなったそう。
散歩がてら訪れる人は多いがなかなか貰い手はつかない。
仔猫2匹に引き合いがあり成立。成猫のサチとグレーは分が悪い。
我々持ち込みの仔猫チビスケは3ヶ月なので他の仔猫たちより大きめ。
今回成約には至らなかったが、良い経験になった。

磯子区総合庁舎正面入り口まん前にテントが張られた。
ねこの会メンバーがここで里親希望者の相談に乗る。
さまざまな啓蒙、お勧め掲示板のひとつ
参加猫たち20匹余りは、藤棚の下のこぢんまりしたテントの下で
すっかり寛いでいた。緑が多くとても雰囲気が良い。
動物病院勤務の女性が病院に預けられている5匹の仔猫たちを持ち込んだ。
女性の両親も参加して、里親探しに一生懸命。
家庭で生まれてしまった兄妹猫。飼い主や母猫の愛情をたっぷり受けてスクスク
育った家猫なのでとてもきれいで落ち着いている。
会場でも飼い主母子はなにくれとなく世話を焼いていた。
主催者持込みの仔猫たち
我が「山手ネコロジー」のグレー
我が「山手ネコロジー」のサチ
動物病院で保護している「チビスケ」3ヶ月
グレー(左)とサチ(右)

【メニューページ】  【サチ(9)】  【グレー(7)】  【チビスケ】