山手界隈に突如現れた【グレー】(1)

2005年8月12日午前10時 犬山動物病院にて

8月10日の午前零時過ぎ、M浦さんから電話があり、山手スカイライン北側上り口の餌場に
白地にグレー縞のガリガリに痩せたメス猫が現れたという。人懐こいので保護したいとのこと。
S井はキャリーを持ってすぐに駆けつけたが、
その白っぽい猫は脇の植え込み内に逃げ込んでその夜はもう出てこなかった。

翌日の同時刻ごろ、M浦さんが保護に成功。一晩、M浦家で過ごし、翌朝すぐに犬山動物病院に
運び込んだ。体重2,9kg。健康状態を見ながら不妊手術をしてもらうことに。

2006年9月26日、里親さん決定!!!

7月9日、磯子の「ねこの会」主催の里親会に出た際に用意したポスターが縁で
厚木市在住のステキなご一家の飼い猫になることとなった。
長らく待って良縁を得た。これまで暖かくお世話してくださった犬山動物病院に深謝。

耳が大きく細面の美しい猫だ。
可愛い声で鳴く
 
 
 
 
犬山動物病院に入院中のサミーとミニーが診察室に連れて来られた。
ミニーはグレーのところにまっしぐらに駆け寄り甘える。サミーもグレーの元に歩み寄る。
もしかしたら、グレーはこの2匹の母猫で、母子一緒に、7日(日)に山手に捨てられたのかもしれない。
グレーのおっぱいは通常よりも膨らんでいるし、最近まで授乳をしていたとも考えられる。

【幸せになったグレー改め、らぶ】   【グレー(2)】   【メニューページ】   【サミーとミニー(2)】