山手の生き物たち(6)
'06年早春のヒキガエル

2006年2月21日(火) 午後9時ごろ撮影

食べ終えたトニーとゲンキが道路側庭園の中に走りこんで行った。
何か(他の動物)が来ているのかも、と坂道側へ回ってみると何もいない。
坂道の真ん中に枯葉の大きいようなものが落ちている。
ライトを当ててみると、何とヒキガエルだった。今日は暖かいのでもう出て来たらしい。

この日から2週間ほどしてトニーは山手から忽然と姿を消した。
このページが、山手でのトニーを伝える最後の写真となった。

ヒキガエルに興味津々のトニー
ピンボケになったが正面はこんな感じ
ハイシローもやってきた。
本館前庭園の端っこ、中央道路に向って石垣の上に座るトニー
背後から近付くゲンキを気にしている

【'05春のヒキガエル】  【メニューページ】  【'09春のアカガエル(1)】  【かたつむり】へ