「山手ネコロジー」の猫たち
学院内・猫庭園で
2004.4.30/4〜5:00p.m.

5月1日朝より学院内で植木の消毒が行われるとの情報が入った。
毎年行われていたのかどうかは分からないが、とにかく猫ハウス2軒を覆うことにした。
M浦、S井が前日午後集まってゴミ袋数枚を開いてハウスを覆い、ガムテープで留めた。

ついでにハウス内の掃除をしホットマットなどは引き上げ新聞紙と猫ベッドのみ残す。
今日もハウス1号内の猫ベッドで寝ていたらしいポオちゃん。一晩だけ我慢しようね。
ポリシートですっぽり覆ってしまったハウス1号の下にワカメが潜り込んでいた。

さて、明日の消毒後、猫たちの健康状態に悪影響が出なければいいが・・・

庭園内に入ると真っ先にワカメが出て来た
もう11歳だが、若い頃よりも可愛らしくなった
半年くらい前から、甘えッこになった
庭園餌場のポオ
なかなかじっとしてくれない
カメラに向かって突進
 
ワカメもやってきた。後方は作業前のハウス1号
作業後、庭園餌場でカリカリを与える。左側の尻尾はゲンキ
敷石の溝には土砂はない。後方ポオ、前方ゲンキ
食後寛ぐゲンキ
ゴミ袋にもたれる
相変わらずハンサムなゲンキ

【2004.4.25】  【メニューページ】  【2004.5.1】