「山手ネコロジー」の猫たち
山手「猫庭園」で

2005年2月22日午後3時

ハウス1号、2号にももう1枚、入り口に透明ビニールカーテンを設置した。
ハウスの中の毛布やベッドを陽に干していると、ゲンキに追われたワカメが
1号の床下に逃げ込んでいた。ゲンキを叱るとゲンキは反省するどころか
私の脚に飛びついて噛み付こうとする始末。完全に人間を甘く見ている。
が、そんなにノビノビと暮らせているということもまた嬉しかったりする。

作業中、ワカメ、ポオ、ゲンキの3匹しか出てこなかった。

猫ベッドが入っていない1号の中にはワカメが入っている
日光の反射が赤い線となって写っている。
これですべてのハウスが2重カーテンがかかり、より保温効果が高まった。
餌場ではポオちゃんが。
もっともっとハンサムなのに写真写りが悪い。後ろは水場。
ゲンキ(手前)とポオ(後方)。ブルーのバッグは私の餌バッグ。

【2005.2.21】   【メニューページ】  【2005.3.05】