「山手ネコロジー」の猫たち
山手「猫庭園」で

2005年2月10日午後8時半(1)

餌場でみんながほぼ食べ終わった頃、珍しくチャーリーがやってきた。
何と首輪をしている。電話番号も名前も書いていない。M上さんやM浦さんらから給餌されている
ことが分かり、飼い猫であることを誇示するために飼い主が首輪を付けたのか。然し、こんなに
広範囲に動き回る猫に外れない首輪を付けるのは返って危険だ。去勢手術も受けさせていないし
ロクな飼い主じゃないなあ。が、チャーリーは相変わらずとても人懐こく可愛らしい。

スカイラインから来たらしい
甘えてクネクネ
本館前の池のある庭園で
山手猫たち多数に威嚇されても全く平気
堂々としてそれでいて可愛い
本館前庭園に来てチャーリーの様子を伺うポオと後ろはコロン
ゲンキも様子を見に来た
茶々もやって来た
向かい側の本館前庭園を気にする平和主義者のトニー
チャーリーのことが怖いピーチは遠くから様子見だ
餌場に戻ってまた食べる
 
ハイシローも食べる
ワカメも
 
茶々も

【2005.1.31】   【メニューページ】  【2005.2.10(2)】