「山手ネコロジー」の猫たち
山手「猫庭園」で

2005年5月4日午後8時半撮影
2ヶ月ぶりにかりん現る。

3月5日以来2ヶ月ぶりに かりんがやって来た。ワカメは威嚇するが、S井が庇って沢山食べさせる。
食べ終わり甘えるので、しばらく可愛がろうとしたがゲンキに追われて逃げ去ってしまった。

今日はワカメ、コロン、ゲンキ、茶々、ポオ、花子、トニー、キジー、かりんが庭園餌場に出席。
ハイシローはいなかったが、もう給餌されたようだ。ピーチにはPハイツに戻ってから給餌した。

今日は缶詰の日だったので、かりんも缶詰にありつけた
 
 
手前から、かりん、ゲンキ、その後ろにポオが写っている。
すっかり美貌を取り戻したポオだが、シャッターが下りる時にはソッポを向いてしまう。
S井が久々に来たかりんばかりを可愛がるので、怒ってムクレているワカメ。
トニーが車(チェロキー)の屋根に上っている
近付くと車から下りたが・・・
本館前庭園内に逃げたトニー
同じく本館前庭園に様子を見に来たゲンキ。彼もシャッターが下りる時にソッポを向く。
その前の坂道でゴロリゴロリするゲンキ
爪を噛む仕草が可愛いゲンキ
ポオもトニーと全く同じように車のボンネットに乗っていたが
S井が来ると車から降りて下に隠れた。

【2005.3.05】   【メニューページ】  【2005.5.24(1)】