近隣猫【アビー】と息子【デルタ】

(アビーは2007年7月1日生まれくらい。デルタは2008年5月1日生まれくらい。)

2008年7月11日(金)午後7時

今朝、Pハイツ清掃員のSさんに出会ったら、茶色の猫が2匹仔猫を連れているという。
仔猫たちはP会館裏で今朝遊んでいたとか。もう〜〜〜!!!溜息が出る。
去年の夏、ゴールデンを捕獲できていればこんなことにはならなかったのに・・・
あの時見た4匹の仔猫のうちの1匹が成長して今回の母猫になっているに違いない。
生まれ育った古巣へ舞い戻って子育てをしているのだろう。

6時半を過ぎてから、今朝Sさんが言っていたP会館裏を覗きに行ってみると、いた!
去年の夏、保護して里子に出したゴールデンの娘シータにそっくりの美しい母猫と茶虎と黒っぽい仔猫だ!

早速捕獲器を仕掛ける。ものの5分も経たないうちに入った!それも母猫と茶虎がいっぺんに!
すぐさま、病院に運ぶ。J先生も駆けつけ写真を撮ってくれた。
美しい母は仔猫をお腹の下に隠して仔猫を必死で守ろうとしている。実にいじらしい。

病院はちょっと手術が立て込んでいてその母猫の手術は明日夜になるという。
茶虎仔猫はそのまま保護して里親探しをする。1匹残った黒っぽい仔猫が心配だ。

J先生も一緒にP会館の現地へ行き、別の捕獲器をしかける。J先生は仔猫が駆けて逃げるのを見たという。
途中、山手猫への給餌を挟んで10時近くまで粘ったが、結局この日は捕獲できなかった。
(翌日夕方、無事に黒っぽい仔猫も保護できた。)

左後ろに息子のデルタが隠れている
 
お腹の下に子供を隠して懸命に守ろうとする健気な若い母アビー。
 
ママべったりの甘えん坊のデルタ

【茶虎ン】  【黒アメ】   【メニューページ】   息子【デルタ・オメガ】